2016年12月12日

ブラック革の表面に現れる白い汚れ(ソルトスピュー)について

VLJ1/2/3(革ジャケット)及びVGW13(ボーダーグローブ)のブラック革の表面に
白い汚れが現れることがあります。
革の染色時の残留塩分かまたは革に蓄積した汗の中の塩分が水によって溶け出し、
乾燥にともない革表面に移動したもので、
「ソルトスピュー」と呼ばれます。
革のオイル分の加減により気温や湿度の差によって表面に現れてくることがあります。
当然ですが、カビなどの菌ではございませんので、ご安心ください。
ソルトピューが出たら水などぬれたタオルでふき取り、乾かし、乾燥後乳化性クリー
ムなどを塗っていただくと落ち着きます。
どうしても気になる方は、ご連絡の上、弊社まで送っていただければ、弊社でケアし
て返送いたします。
よろしくお願いいたします。
ソルトスピュー.jpg
posted by kenny73 at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック